2007年03月06日

Little Richard / リトル・リチャード

 Little Richard
 1932 -
 ロック/R&B/ソウル

 だみ声でワンバッパルンバッパワッパッパブーンという意味の成さないフレーズで
始まる、1950年代のロックの中でも重要な曲の1つである、Trutti Fruttiをデビュー
曲に、当時では相当奇声と呼べる声の持ち主だったリトル・リチャード。

 張りのあるソウルフルな歌声で、1955年から1957年までの間に、後にビートルズ
、CCRなど数多くのバンドにカバーされる名曲を発表、ヒットさせた。ピアノが疾走す
るテンポの良い曲から、Send Me Some Lovingなどでは男のバラードという感じ
の曲までR&Bをベースとした名曲を次々発表する。

 今もなおロックンロールスタンダードとも言える名曲ばかりを作った彼だが、元来
ゲイであったことや、ドラッグ中毒、1957年のロッカーとして絶頂期に突如、ロック
の音楽活動を辞め、自ら宗教家となったり、ロッカーとして復帰、その休止、ユダヤ
教への改宗など留まる事を知らない奇行にファンが着いていくことが出来なかったの
か、ロッカーとしての尊敬度はあまり高いとは言えない。

 とはいえ、彼の音楽、ヴォーカル、エンターテイメントのスタイルは、後に相当な
影響を与えていることは、変えようのない事実である。


人気ブログランキング【ブログの殿堂】 投票クリックお願いします。

[PR]

Little Richard / The Best Of

YouTube動画は続きで。Little Richard / Tutti Frutti


Little Richard / Long Tall Sally


Little Richard / Lucille


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。